新着情報

静岡県立漁業高等学園/膨張式救命筏講習会開催

平成29年9月19日(火)

静岡県立漁業高等学園にて、膨張式救命筏の講習会を開催いたしました。

膨張式救命筏とは、別名ライフラフトと呼ばれており、船舶の遭難時に使用するゴム製の膨張式救命筏となっております。

学園では、将来漁師や船舶関連の職業に就くことから、数年前から膨張式救命筏の講習会を行っております。

午前中は体育館で、小型の筏を使用しての各部位の説明、架台と言われる進水装置の使用説明を行いました。

010 005 031

また、救難食糧や救命水の試食・試飲を行ったり、生徒さんは始めて見る救命筏に興味深々でした。

021 019

午後からは、小川港に移動し、実際に救命筏をガスボンベによる膨張を体験しました。

040 043 046

そして、筏を沖に流し、実際の遭難時を想定し、着衣のまま着水、怪我人を想定した救助訓練を行いました。

050 051

着衣のままの水泳がいかに困難か、9月とはいえ濡れた服で風を浴びるとかなり体温が低下するなど貴重な体験が出来たと思います。

今回の講習会が生徒さんの将来にとって有益になるよう祈っております。

*なお今回の講習会の記事が、本日発行の静岡新聞21面に掲載されております。

20170920144228_00001